バッグ持手の擦れはげ

(2014年12月26日投稿分です)

持ち手の部分は

常に摩擦のある部分なので

痛みやすく手垢で汚れやすい部分です。

特に白いものは黒く汚れ

とても風格使用感とは言えません。

mitite87s

ここまで荒れると完全修復とはいきませんが

滑らかに整え下地処理をしてからのリペアです。

一番手に触れるところなので

荒れたままでは加速的に摩耗し

やがては切れてしまいます。

mitite88s

革の感触を維持するために

出来るだけ薄くしつつ強度を持たせるために

ひと工夫施してあります。

耐摩耗性・防汚性を考えトップには

ポリウレタンコートを施しました。

mitite93s

末永くご愛用くださいませ。

「Royal MIYABI」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください