バッグの手垢

暑い日が続きますが

熱中症には充分気を付けて下さいまし。

水分補給と同時にミネラル補給もお忘れなく。

自然とは無常で無情なもので

猛暑が続くと思えば半端ない豪雨。

被災地の皆様においてはまさに無情な天地でございます。

どうか無事乗り切ってくださいませ。

*

当店の夏季休暇は

11日(土)より16日(木)まで休日となっております。

遠くからご来店のお客様、

くれぐれも日程をご確認くださいませ。

*

さて本日のお題はバッグの手垢でございます。

 

これは全体にピグメントで柄が描かれており

開け閉めの際に手の触れる部分が黄ばんでおります。

当方のブログの愛読者の皆様には

お分かりだと思いますが

ピグメント(顔料)についた汚れは

顔料のバインダーである樹脂に浸透し、

もはや付着ではなく混ざり込んでいます。

よって取り去る事→ペイントの破壊となります。

無地のものや簡単な図柄であればマスキングを行い

インキングという手はありますが

ここまで繊細な図柄ではそうもいかず

ここはひとつ・・・

以前失敗し、お客様の期待裏切った教訓が

今回は随分と役に立ちハードルをクリア!

乾燥に時間がかかる為

一日ひと作業の工程で10回。

決して採算の合うお仕事ではありませんが

質のいい仕事とはこう言うものだと思ってます。

いい仕事をすることで

お客様からいい仕事を頂けるのです。

柄という無形の価値をいかに損なわずに作業するか

そこには機械的作業ではなく

知恵と感性が要求されます。

*

ビルゲイツが予言した項目の中に

「機械化が進み膨大な量の仕事が失われる」とあります。

と言う事は生き残れるのは

「機械には出来ない仕事」ということになります。

つまりは感性に訴えた仕事等ではないでしょうか。

まあAIにディープラーニングさせれば

いずれは感性も凌駕されるでしょうが・・

*

クリーニング師の「師」は技を伝えて行くという意味が込められてます。

因みに弁護士や代議士の「士」は技で仕えるという意味が込められています。

クリーニング師は受け継がれて進化していく技、

「守・破・離」のクリーニング道なのです。

この業界の印籠であるクリーニング師の資格を持ちながら

昨今、わが業界も機械化が進み

もはや家庭代行業となりつつあります。

業界人として一抹の不安を覚えるのは私だけでしょうか。

レザーのメンテナンスなら

セレブマダムが選ぶ

中塚クリーニング「Royal MIYABI」

ウェディングシューズ染め替え

「クリーニング店潰すのに刃物はいらん」

とはよく言ったもので

クリーニング店に限ったことではありませんが

台風の影響か梅雨の仕業か

雨続きでカウンターではお客様に

縁の薄い日々が続いております。

とは言うものの暇な訳ではなく

ここぞとばかりに溜まった仕事を

消化しております。

激雨の中、皆様の無事をお祈り申し上げます。

そんな中、

出来る事なら雨季には避けたいウェディングですが

神戸ではブライダル産業が活発で

当店でも少々お役に立てさせていただいてます。

ウェディングシューズ、

ドレスと同様非日常的なアイテムで

レンタルが一般的ですが

今回のクライアント様は販売をしております。

そしてユニークなのが

新郎が新婦に「一生の思い出にプレゼント」

と言うコンセプトなのであります。

聖なる一期一会の純白のシューズを

当店がお手入れをし

「記念の品」にするという構図です。

今回の依頼は

そんなシューズを日常にも使えないか

と言う事でしょうか、

色変え出来ないかとの要望です。

出来ない事はないのですが

シルク張りのシューズですから・・

染料だと鮮明に色が出ない。

色目を重視して顔料を使うと

何とも品の無い仕上がりになりそう。

などと考えながら

何だか面白そうな仕事なので

先ずはサンプル品として受けてみました。

予想どうり

染料では鮮やかな色は出ませんが

中々上品ではありませんか。

今回は汎用性の高い色をチョイスしましたが、

これなら原色でも上品に仕上がりそうだな。

今回の出来栄え気に入ってもらえるでしょうか。

お洒落のご相談なら

セレブが選ぶ

中塚クリーニング「Royal MIYABI]

皆様が無事であります事をお祈り申し上げます。

ドンという音と共に

大きく揺れ出してアラートが鳴った。

アラートあんまり意味無いし。

と思いながら5・6秒ほどだったでしょうか。

前回の阪神大震災の時のような

20秒以上もコンクリートをハンマーで叩くような

音はしなかったものの

やはりトラウマでしょうか、

一瞬血の気が引きました。

しかし体験と衝撃と言うものは恐ろしいもので

すぐに冷静さを取り戻し、この揺れは4ぐらいやな。

電気とガスのチェック。

震源地とマグニチュードのチェック。

震源近くの方々はほんとにひどい状況なのだろうな。

当時親父は

冷静なのかパニクッているのか

みんながオロオロしてる中

第一声が「とりあえず歯を磨こう!」

我が家の伝説である。

**

いくら科学が発達しようが、

地球がちょっと痒がる予測が出来ない。

でも幸い

今回は阪神大震災の教訓が活かされてたのか

インフラはとどめを刺されなかった。

自然界に生かされてる事に感謝し

警告を教訓とし対処するを科学と心得る。

お店は大丈夫かな?

ん~被害はないようだ。

だがしかし・・

なんだかちょっと違うぞ。

チャップリンが腰抜かしてるし、

 

微妙にツメ跡が残る「Royal MIYABI」であった。

震源と付近の皆様、まだまだ余震の心配がありそうです。

くれぐれも御用心下さいませ。

 

お亡くなりになられた方には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

お洒落のメンテナンスなら

セレブマダムが選ぶ

中塚クリーニング「Royal MIYABI」

靴の高級感とは

一年も半ば、

早いもので

当店のスタッフの中には

年末の話題がチラホラ。

ちょっと早すぎやしませんか?

せめてお盆くらいにしておいてくださいな。

本日のお題は

トウのキズと靴底の補修であります。

キズを傷と書くと何だか痛々しいいので

あえてキズと書きます。

このシューズはムラのある染料で仕上げてあるので

あえてキズ跡は残りますが

キズ面に艶をだし染料で仕上げました。

以上・・!

なんて

今日の主題はここから。

**

靴底の補修ですね。

すり減った靴底の補修は

軽度であればステップを貼り付け、

重度でアウトソールの交換になります。

今回は軽度なのでステップの貼り付けです。

素材は一般的にはラバーソールが普及してますが

当店では高価なドレスシューズの場合

当然のことながらレザーソールを使います。

「お洒落は足元から」と言いますが

実は靴は

高級衣料品の

色・シルエット・素材・着心地etcに加えて

高級感をかもし出す靴独特のPlusセンスがあります。

おそらくこれに気付いている同業者はいないだろうな。

でも

実際履いてらっしゃるお客様は

この高級感を感じ取ってるはずです。

少々もったい付けてますが、

**

昔、私が某自動車ディーラに勤めていたころの話。

内装・外装・性能だけでは高級感が出ない、

高級車になればその風格の「響き」がいる。

ロー○ルクラス以上になると

ドアの閉まる音に開発費を相当投じたそうです。

もうお分かりですね。

そうです

靴の高級感をかもし出す第5の要素は

「靴の音」

**

映画「第三の男」では

靴に寄り添う猫や「靴のコツコツ音」など

かなり靴を意識したシーンが見受けられます。

当店のお客様がスターを演じるためには

この「靴音」が上品でなければいけません。

風格がなければいけません。

買って初めて歩いた時のあの「コツコツ音」です。

当店のフロアは

そんな「コツコツ音」が味わえる床にしております。

 

「靴音」まで意識した素材選び。

安かろう早かろうではなく

本物のお洒落のサポートでございます。

どうぞスター気分を味わってくださいませ。

**

**

靴のメンテナンスなら

ダンディーセレブが選ぶ

中塚クリーニング「Royal MIYANI」

シャツの襟先が変

襟の先が変と

客様からのクレームで対応出来ず

当店に持ち込まれた業者様の依頼品です。

この黒ずみの正体を

業者ならすぐに見抜けてほしいと思う今日この頃。

そしてこの正体が解っていれば

二度と起きない現象ですし、

わかっていなければ、

これからもどんどん出てくるでしょう。

まず、

推測ではありますが

1.濡れ掛け

2.機械による高温プレス

3.表からプレスしている。

**

少し襟芯についてお話ししましょう。

Yシャツに襟は美しく立つように

芯地を入れてあります。

一般的にはトップヒューズ芯と言われる

接着芯を表地と裏地の間に入れます。

当然接着芯ですので表裏が密着し、

縫製やメンテナンスのしやすい襟になります。

一方フラシ芯と言って

高級シャツによく使われている

非接着芯を表地と裏地の間に縫い込ませる縫製があります。

こうするこ事で

「しなやかさ」と「ふくらみ」が味わえるのですが、

縫製やメンテナンスは機械では出来ないため

全て手作業で手間がかかります。

こう言った知識が無いまま

作業効率を考えた機械仕上げを行いますと

1.濡れて接着剤が緩んでる状態で機械による高温プレスをすると接着剤が生地に浸みだしてきます。

2.勿論芯地の耐熱温度を超える高温プレスをすると芯地自体縮んだり溶けて生地に浸み出します。

3.溶けたものは熱い方に移動しますので表地から当てると表地の方に浸み出します。

特に縫い目や折り返し部分は

プレス機の圧力がかかるため症状が出安いのです。

一日仕上げの出来るところは殆ど機械仕上げですので

リスクは大です。

お洒落シャツやオーダーシャツなど

お客様も大事な高級シャツなどは

安かろうおまかせで無く

きちっと注文を付け、オプションとして

「手洗い手仕上げ」

を指定してください。

一度浸み出した接着剤(樹脂)は

生地に練り込まれたようなもので取り除くことはできません。

こればかりは持ち込まれても表面的な対応しか出来ません。

お洒落のメンテナンスなら

セレブマダムが選ぶ

中塚クリーニング「Royal MIYABI」

 

黒レザーバッグのメンテナンス

連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。

長らくほったらかしで、

そろそろ更新しないとと思いつつ

実はこの繁忙期と重なり

私事ではありますがこの5月に

神戸市立葺合高校28回生の同期会があり、

事もあろうにメディアの作製編集と言う

大厄、失礼大役を押し付けられ

4月からてんやわんやの日々で

中々充実しておりました。

幸いMCがしっかりして全体の構成を組んでくれましたので

私は技術的作業に徹することが出来ました。

このMCがまたすごい奴で、

大阪芸大時代に、

皆さんご存知の古田新太さん所属の

劇団新感線を発足したメンバー一人なのです。

彼の片腕として今回仕事出来ることは光栄なのです。

製作したメディアをお見せできないのが残念ですが。

さて

本日のお題は黒レザーバッグのメンテナンスです。

全体的な使用感と擦れ剥げは有るものの

全くくたびれていない。

一応某高級ブランド品なので

お手入れだけでも良いのですが、

長きにわたり大事にお使い頂き、

このバッグへの情を感じ取りましたので

お客様の要望を優先して色補正させて頂きました。

**

今回の同期会の参考にと

10年前の同期会のビデオを見てましたら

挨拶の席上で校長先生(当時88歳)が

言われたエピソードの中に

心理学者の河合隼雄さんの話が出てきて、

心理学者の河合隼雄さんは

フルートの名手でもあるのですがその師匠に

「お前のフルートには音に聞こえないハーモニーが宿っていない」

とダメ出しを食らったそうです。

この言葉は私どもの仕事にも重く響きました。

そうなんですよねぇ。

技術だけの追求では見えてこないんですよ。

どうすればお客様に喜んでもらえるか、

真剣勝負の仕事には目に見えない仕上がりがあるんです。

これが「極める」という事なんだと思います。

今回のお客様にも

この黒レザーバッグに

はたしてどこまでハーモニーを感じて頂けるのでしょうか。

 

**

レザーのメンテナンスなら

セレブマダムが選ぶ

中塚クリーニング「RoyalMIYABI」

絨毯が来たー!神戸のパワースポット

ネパールの職人が

一年かけて織りあげた

高級感あふれる魂な一品、

踏みしめるだけで

氣があふれてきます。

何ともゴージャスです。

お値段はというと

六桁とだけ言っておきましょう。

お客様の立ち位置で

ドーンとお出迎えさせて頂きます。

ただし、雨の日はお蔵入りです。

 

セレブな皆様へのおもてなし、

遠慮なく踏みしめて

全身に氣を浴びて

ゴージャスなオーラを

お持ち帰りくださいませ。

*

職人曰く

絨毯は本来踏みしめて味が出てくるもの。

レザーと同じですね。

ただ、

細いヒールだけはご勘弁を。

 

お客様の笑顔とリッチな気分が

私共の財産であります。

高級ブランドメンテナンスなら

セレブが選ぶ

中塚クリーニング「Royal MIYABI」

ドライ洗浄機のメンテナンス

ドライ洗浄機のフィルター交換とトラップの掃除
このダスト達は・・
.
寒さから皆さんを守り、
.
皆さんを輝かせてくれた
.
物言わぬ勇士の・・
.
力尽きた姿・・。
.
有難う、
.
安らかにお眠り。
.
.
  感謝・・! 

お洒落のメンテナンスなら
セレブマダムが選ぶ
中塚クリーニング「Royal MIYABI」

赤ワインのシミ

早いもので4月も1/3が過ぎました。

お天気はまだご乱心の様子ですが、

もう衣替えの季節です。

5月に入ると害虫が付きやすくなります。

もう少しわかりやすく言いますと、

外出時に衣類に付いて

外から屋内に持ち込まれるという事です。

害虫の成虫は寿命が10日ほどですが、

その間に産み付けた卵がかえり

幼虫が衣類を食べ始めます。

防虫剤は害虫を寄せ付けないだけで殺しません。

害虫は防虫剤の及ばないところに潜んで繁殖し続けます。

そこでポイントですが

仕舞い込みの衣類に害虫をつけないために

現在着用の衣類と仕舞い込みの衣類を

混在させないこと!

つまりは早く洗って仕舞い込む事です。

その節は当店をご利用くださいませ!(^^)!♡。

**

さて本日のお題はワインのシミ。

今回は素直にお持込いただいたのですが

過去に

赤ワインのシミは白ワインで落とせなどと言われ、

某結婚式場で赤ワインをこぼしたお客様のお召し物を、

バケツに4本分高価な白ワインを入れて

対処されたケースがあります。

1本当たり安くても¥3000~¥4000、

どう考えても

お任せ頂いた方が安上がりの様な気がします。

実際白ワインでの輪染みが残り

当店に持ち込まれダブルコスト。

結局赤ワインより始末が悪かったですね。

*

理論的には理にかなっておりますが、

赤ワインも白ワインも

地域や気温などで熟成が変わり、

赤ワインの赤の主成分であるポリフェノール(タンニン)以外に

いわゆる雑味成分が独自の風味を出しているわけで、

それをまた、

雑味成分が含まれた白ワインで洗い流しても

残留するわけでありす。

どうせなら無色のスピリッツ系の方が・・

無駄な抵抗はよして当店にお持込ください。

*

衣類のメンテナンスなら

セレブが選ぶブランドメンテナンス

中塚クリーニング「RoyalMIYABI」

コードバンについて

先日機会がありましてタンナーへ

行ってまいりました。

タンナーとは皮を革にする鞣し工場の事で

兵庫県播州地方が全国の7割を占めてます。

鞣しに重要なポイントは

塩漬けの塩と綺麗な水、

そして自然乾燥の風だそうで

播州地方に鞣し工場が多いのはこの条件がそろっているからです。

赤穂の塩、市川の水、河川敷に吹く風。

*

鞣し工場には何度か訪れているのですが

今回はコードバンの鞣しを見学出来るという事で

非常に楽しみの企画でした。

<鞣しとは>

革に柔と書きますが、

決して柔らかくすることではありません。

細胞組織をしっかり架橋して安定させ

腐らないようにする事です。

架橋する薬品によって鞣しの種類があり

革の特徴がそれぞれ違ってきます。

皮を革にすることで腐らず、製品加工が出来るわけです。

まさに改革ですね。

*

コードバンというのは

 

馬のお尻の部分にだけあるきめの細かい繊維層で

一頭で取れる量がとても少ないので大変貴重な革です。

よく見る光景は

通常の牛革だと全体の見開いた状態(アジの開き見たい)ですが

コードバンは馬の臀部部分(メガネのような形)でした。

 

*ここで豆知識です*

通常革は銀面と言う表革部分と床の裏革部分で出来てますが

コードバンというのはきめが細かい繊維組織で

馬の臀部にだけ、それも一部分に

銀面層と床革層の間にコードバン層なるものがあるのです。

なぜ馬の臀部にだけあるのかは謎だそうです。

因みにシマウマは背部にまでコードバンがあるそうですが、

野生種でありワシントン条約などで給は殆ど奇跡です。

*

そのコードバン層は表からも裏からも見えません。

床部分を削って初めて現れるので大きさは予測不能です。

皆さんが使ってるコードバンは銀面ではなく

実は裏側から床面を削り取った裏革なのです。

*

鞣しは大きく分けてタンニン鞣しクロム鞣しがありますが、

コードバンは組織が繊細なため

クロム鞣しをすると破壊されてしまうそうです。

タンニン鞣ししか出来ません。

*

皮というのは一般的に食肉の結果供給されるもので

革のために屠殺(とさつ)されることは日本ではありません。

因みに屠殺は「とさつ」を変換しても出てきません謎謎謎。

牛革が多いのはそのためです。

需要と供給がうまくいってるんですね。

馬は牛のように食べる文化が少なく

皮としての供給が少ないのです。

日本の熊本以外にはフランスで馬を食する文化があり

フランスから輸入されるそうです。

なので

希少で美しいコードバンのために

臀部だけを取る事は非常に不採算なわけで

ホースハイド(背部)の革も需要が即されるわけです。

コードバンが高価な理由がわかりましたか。

*

コードバンが人気過ぎてホースハイドが目立ちませんが

決して牛に劣るわけではありません。

どんどん馬を食べろとまで言いませんが(個人的感想です)

ホースハイド(馬革)も贔屓にしてあげて下さいね。

きめが細かく手触りのつるっとした表面は

使うほどに柔らかく味が出てきます。

次回はヌメ革について書いてみましょうかね。

革のメンテナンスなら

セレブが選ぶ

中塚クリーニング「RoyalMIYABI」