レザージャケット襟の擦れはげ

(2014年10月18日投稿分です)

汚れ落としでもしたのでしょうか、

塗装が剥げてます。

IMG_1205a

このジャケットは非常にデリケートな

革の部分だけを使用しているので

顔料による色補正をすると

樹脂に反応するのか表面がイガイガになります。

また水が付いただけでシミになります。

これもアニリン系と同じ処理が必要となります。

革表面を保護し刺激を与えず顔料補正の結果です。

IMG_1208a

使用感のある染料タッチに仕上がりました。

—–

高級レザー品が高価なのは

一匹革からの柔らかい良質な部分だけを使い

通常一匹で出来る製品に対して

5~10匹使用してます。

価格が5~10倍するのは当然ですね。

そして経年変化やキズ・シミは

私たちが歳を重ねるが如く

避けられない事実です。

経年のあじを出し、着こなすことが

レザーファッションの粋です。

—-

こういったデリケートな革は

我々専門でも予期せぬ変化が起こりますから

ご家庭で触ることはお避け下さい。

「Royal MIYABI」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です